登録⽀援機関

登録⽀援機関とは、特定技能外国⼈を受け⼊れる企業・団体(特定技能所属機関)から委託を受け、
特定技能外国⼈の⽀援計画書の作成、
実施を代わりに⾏っていく機関になります。

当社は、登録⽀援機関として現地のリクルート、教育、⼊国⼿続き、住まいの確保、⽣活⽀援など
全ての⽀援業務をワンストップでおこないます。
ONE STOP

登録⽀援機関の役割

特定所属機関が、特定技能外国⼈に対して⽀援業務を⾏うことが難しい際に、一部または全部の支援を登録支援機関に委託できます。

特定技能人材への支援内容(義務・任意)

⽀援内容は、義務的⽀援=「必ず実施しなければならない⽀援」と、任意的⽀援=「特定技能外国⼈が安⼼して⽇本で就労できるよう、できる限り⾏う⽀援」があります。それぞれの⽀援内容は以下のようになります。

主な義務的支援
  • 事前ガイダンス
  • 出⼊国する際の送迎
  • 住居確保・⽣活に必要な契約⽀援
  • ⽣活オリエンテーション
  • 公的⼿続等への同⾏
  • ⽇本語学習の機会の提供
  • 相談・苦情への対応
  • 本⼈との交流促進
  • 転職⽀援(⼈員整理等の場合)
  • 定期的な⾯談・⾏政機関への通報
主な任意的支援
  • 「出国する際の送迎」に係る任意的⽀援
  • 「適切な住居の確保に係る⽀援・適切な住居の確保にかかる⽀援」に係る任意的⽀援
  • 「⽣活オリエンテーションの実施」に係る任意的⽀援
  • 「⽇本語学習の機会の提供」に係る任意的⽀援
  • 「相談⼜は苦情への対応」に係る任意的⽀援
  • 「⽇本⼈との交流促進に係る⽀援」に係る任意的⽀援
  • 「定期的な⾯談の実施、⾏政機関への通報」に係る任的⽀援